ニキビ解消

ニキビ解消で綺麗になる知恵

ニキビと皮膚科と抗生物質

読了までの目安時間:約 4分


一時期、ニキビは皮膚科で治療を!というCMが流れていましたね。

ニキビは皮膚科で治療したほうがいいのでしょうか?

皮膚の専門家だから、なんだか良さそう…と思ってしまいますよね。

でも、皮膚科でおこなわれる治療は対処療法(正しくは対症療法)なんです。
病気そのものや,その原因を治す【原因療法】とは違うんですね。



ですから、ニキビが悪化して化膿してしまっている状態の時は、皮膚科で処方される抗生物質が役に立ちます。

ニキビの原因になるアクネ桿菌の増殖を抑えるからです。
菌が減れば、自然にニキビも改善に向かっていきます。

けれど抗生物質はアクネ菌だけではなく、美しい肌を維持するために役立つ、お肌の表面にある表皮ブドウ球菌までやっつけてしまうのです

表皮ブドウ球菌って、皮脂を食べてグリセリンを出してくれるありがたい菌で、天然の保湿成分になっているんですよ。

なので、抗生物質を飲んだり塗ったりすると、化膿してしまったニキビは改善するのですが、
肌荒れしやすくなって、ニキビもできやすくなってしまうという、悪循環になりやすいんです><

さらに腸内で役立ってくれている善玉菌までも退治してしまうので、副作用で下痢や便秘、胃痛や吐き気などが起こることもあります。

ですから、抗生物質は短期間投与されるケースが多いです。
1週間以内か、長くても2週間以内です。

長期にわたって投与するのはお肌にも健康にもよくないです

抗生物質はニキビが悪化して膿んでしまっている時に、短期間で素早く改善するのに向いている…と覚えておきましょう。

そして、あくまでもできてしまったニキビの治療には有効…ということです。
根本的な解決にはならないので、いつまでたってもニキビが繰り返しできて、皮膚科に通い続けることになってしまいます。

できるだけ皮膚科に通う前に、自分でニキビを改善したほうがいいです。
抗生物質を使用せずにニキビ改善したほうが、その後のお肌にも良いですから。

食事もニキビ改善には重要です。
油脂の多い食べ物や甘いお菓子やケーキなどは控えて、野菜メインのバランスの良い食事を心がけましょう。


また便秘や睡眠不足もニキビにはよくないです。
ニキビ改善のためにも、将来の美肌のためにも、睡眠はしっかりとって、
便秘も改善していきましょう。

紫外線の浴びすぎは、肌に活性酸素を増えやし、肌荒れしやすくなって、
ニキビも出来やすくなります。
ニキビ改善には、UVケアも大切ですよ。

化粧水や乳液などのスキンケア、ファンデーションなどのメイク用品も、お肌に優しい無添加化粧品を選ぶことも大事ですよ。

無添加でニキビ肌にも安心で紫外線対策にもなるのが、エトヴォスのミネラルファンデーションです。
ニキビにお悩みの方へ・・その原因はファンデかも?国産ミネラルファンデーションのお試しセット【送料無料】


ニキビが悪化して化膿してしまい、どうしても自分で対処できないニキビを治す場合のみ、皮膚科に行くといいです。

化膿して悪化してしまう前に、日頃からニキビができにくいお肌を目指して、食生活に注意して、生活習慣を改善することが大事です。

すでに抗生物質などで美肌菌も退治されてしまい、肌荒れして、ニキビが出来やすくなってしまった肌は、まず保湿をして皮膚のバリア機能を復活させなくてはいけません。

保湿力のある、健康な肌になれば、ニキビが出来にくくなりますし、ニキビ痕の改善も早くなりますよ。


*共通案内*
●思春期ニキビでも大人ニキビでもニキビケアには100%無添加で天然素材の【みんなの肌潤糖クリア】で洗顔後にマッサージすると効果的です。
保湿しながら肌のバリア機能の修復をサポートしてニキビケアするアイテムです。
他のニキビ治療で改善しなかったニキビにも効果がある!と、口コミでも人気です。
公式サイト→みんなの肌潤糖クリアで保湿しながらニキビケア!

●思春期ニキビでも大人ニキビでも安心!
炎症も抑えて保湿しながらニキビケアするニキビ専用石鹸がノンエーです。
公式サイト→薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)」

 

タグ :  

ニキビ解消の知恵

この記事に関連する記事一覧